目的



『ちょうどe!

 

<自分の暮らしに合ったモノを選ぶこと>

<ゴミにする前にモノを循環させること>

もったいないゴミを減らし

心地いい暮らしと心地いい環境につなげる



     ~ちょうどいいモノの持ち方を意識する『e』~

 

enter・・・モノの入口(買う・もらう)~暮らしに合うモノを選ぶ

exit・・・・モノの出口(捨てる・ゆずる・使いきる)~循環させる

ecology・・ちょうどいいモノの持ち方を意識してエコにつなぐ



      ~なぜちょうどe!ネットワークの活動を始めたのか?~

 

整理収納の作業はこれからの暮らしに『必要なモノ』『使うモノ』を考え選んでいきます。

反対にこれからの暮らしには使わないモノを手放すことも必要となります。

一般的な整理収納のサポートなどで1日4~5時間整理収納の作業を行うと

45Lのゴミ袋3~5袋分のゴミが出てきます。

 

そんな手放すモノの中に

『気に入って買ってみたけど 一度も使ったことのないモノ』

『持っているのを忘れて購入し 同じモノがたくさんあり処分するモノ』

『粗品でいただいたけれど結局使っていなかったモノ』など

多くの『忘れ去られていたモノ』や『思い入れのないモノ』

残念なもったいないゴミが出てくるのも実情。

 

整理収納を行い家はきれいになるけれ

一方ではもったいないゴミが生まれてしまう現実も多くなります。

 

一度これからの暮らしのために要らないモノを手放して家を整えた後は

これからのもったいないゴミが少なくなる暮らしにシフトしてほしいなと思っています。

 

整理収納アドバイザーとして家を整え、整理収納のスキルを伝えると同時に

リバウンドしない整理収納のため、心地よい暮らしのため、また環境のためにも

『モノとの付き合い方』『もったいないゴミを減量できる整理収納のスキル』を

発信する役割があると感じています。

 

モノと出会ったところから整理収納は始まります。

自分の暮らしの合ったモノのことを”少し”考え、モノを選ぶことができたら

整理収納も楽になり、自ずとゴミも減るはず。

そして、これからの暮らしに使わないモノが出てきたら

納得できる環境先や処分方法を見つけることも必要になります。

 

【ちょうどe!ネットワーク】では

整理収納の考え方や手法をもって

これらのもったいないゴミの減量への取り組みを行っています。

『自分の暮らしにあったモノを選ぶこと』

『ゴミにする前にモノを循環させること』

そんな暮らしの提案を広めていきたいと思っています。

 

共感・賛同していただける方々・興味のある方はどうぞお気軽にご連絡ください。